港区医師会ホーム > 産業保健センター
港地域産業保健センターのご案内


働く人の健康と快適な職場づくりを産業保健センターが応援します


地域産業保健センターとは
港地域産業保健センターは、平成9年6月に東京労働基準局(現・東京労働局)の委託を受け、港区医師会館内に開設されました。
地域産業保健センターは、産業医の選任義務のない労働者50人未満の小規模事業所における労働衛生の向上と、そこで働く労働者に対する産業保健サービスを充実させるために、都道府県労働局が都道府県の医師会に委託して開設しているものです。
当センターでは、主に三田労働基準監督署管内の小規模事業所と、事業所に働く労働者を対象に産業保健サービスを提供しています。
一度ご登録いただくと、次の四つのサービスを無料で受けることができます。

①健康相談
②長時間労働者の面接指導相談
③個別産業保健指導
④産業保健情報の提供


サービスを利用するには
産業保健センターのサービスを利用するためには、事業所としての登録が必要です。登録手続きは、「特定健康相談・面接指導等登録申込書」に必要事項を記入の上、郵送していただくことにより完了いたします。登録が済んだ事業所は、当センターによる産業保健サービスを継続的に受けることができるようになります。


①健康相談
港地域産業保健センターでは、当センターに登録している認定産業医、又は医療機関が、事業者や労働者から健康に関する次のような相談に応じております。

・健康診断の結果に基づく健康管理等
・生活習慣病の予防方法
・メンタルヘルスに関する相談
・過重労働による健康障害の防止対策
・日常生活における健康保持増進等の方法
・職場環境衛生の改善方法

・相談場所 「指定医療機関」、若しくは「港地域産業保健センター相談室」(港区医師会館内)
・相談日時 指定医療機関:当該医療機関の診療時間内
・港地域産業保健センター相談室:月曜日~金曜日 午後1時~3時


②長時間労働者の面接指導相談
時間外・休日労働時間が1ヶ月あたり100時間を超えるか、2ヶ月ないし6ヶ月平均で1ヶ月あたり80時間を超える労働者に対しては、長時間労働による健康障害の防止のために、事業者は医師による面接指導を実施することが義務付けられています。
当センターでは、事業者からの依頼に応じて、産業医が長時間労働者の面接指導を実施しております。相談場所、相談日等は、健康相談窓口と同じです。


③個別訪問産業保健指導
個別訪問指導を希望する事業所に対して、当センターの産業医が事業所を訪問し、次の指導・助言をいたします。

・健康診断の結果に基づく健康管理等に関する指導・助言
・産業医による事業所内の巡回及び改善指導
・事業所における健康講話と健康相談をセットにした保健指導


④産業保健情報の提供
提供するサービスは、次のとおりです。

・健康相談・面接指導相談窓口指定医療機関
・産業医を希望される企業の方は、「健康相談・面接指導相談窓口指定医療機関名簿」をご参照の上、各医療機関にお問い合せください。

科学技術の進歩と共に、更年期障害の治療にも新しい風が吹き込んでいます。更年期障害の治療の進歩により今後ますます中高年女性のQOLは向上することが期待されています。


⑤その他
当産業センターの産業医、コーディネーターは、業務上知り得た企業や人事の情報は厳守いたしますので、外部に企業や個人情報が漏れる心配はありません。産業保健センターが提供するサービスは全て無料ですので、お気軽にご相談ください。
[ 健康相談・面接指導相談窓口指定医療機関名簿はこちら ]


⑥ご登録がお済みの方はこちらから
・特定健康相談
・長時間労働者への面接指導



ページの先頭へ